おでこの思春期ニキビの原因は毎日の〇〇だった!今日からできるニキビ対策 | チルコレ

[記事公開日] 2017/11/22
[最終更新日] 2018/01/24 SatoKaede

おでこの思春期ニキビの原因は毎日の〇〇だった!今日からできるニキビ対策

多くの子供たちが悩む思春期ニキビ。特に目立つおでこにニキビができると憂鬱になりますよね。でもおでこのニキビを悪化させているのは、お子さんの日々の習慣ということもよくある話。ちょっと気を付けるだけで、おでこのニキビが気にならなくなりますよ。

 

  • 目次

おでこニキビは思春期ニキビの特徴!

ニキビは成長期だけでなく大人になってもできますが、おでこにできるニキビは皮脂が活発に分泌されることが原因でできる「思春期ニキビ」の特徴です。

特にTゾーンと呼ばれる皮脂腺が多いおでこや鼻の周りはニキビができやすいエリアです。そのため20代を過ぎて皮脂の分泌量が落ち着いてくると、おでこのニキビに悩まされることは少なくなります。

でも大人になるまでおでこの思春期ニキビと付き合うなんて嫌ですよね。ただでさえ外見が気になるお年頃、できるならば思春期ニキビの被害は最小限に抑えたいものです。今おでこにある思春期ニキビに悩んでいるお子さんも、その原因と対策をしっかりつかんでおけば、鏡を見てため息をつくことも減るでしょう。

お子さんがよくおでこを掻いてたら要注意!原因はシャワーだった!?

おでこにできる思春期ニキビの原因は日々の生活の中に隠れています。まずお子さんの様子をよく観察してみてください。頻繁におでこをかいているということはありませんか。

おでこをかくことが刺激や傷となり、思春期ニキビは悪化するばかり。どうにかしてかゆみを抑えてあげたいですね。そのかゆみの原因、もしかするとシャワーかもしれません。

皮脂の分泌が原因となっているおでこの思春期ニキビですが、必要以上に皮脂を取り除くことはお勧めできません。一般の家庭で設定されている38度以上のお湯では、皮脂が奪われ乾燥が進んでしまいます。

水圧の高いシャワーは肌への刺激も強く、思春期ニキビが悪化する原因となるだけでなく肌のたるみも招いてしまうので、保護者の方も気を付けてください。

また、シャンプーのすすぎ残しもおでこのニキビができる原因になります。部活や塾で疲れて帰宅するとお風呂での作業が雑になっていないでしょうか。

お肌を刺激しないよう、やさしく丁寧に洗髪・洗顔をすることはニキビ予防の基本です。

肌に残ってしまった洗顔料やシャンプーなどのヘアケア剤は、毛穴を塞ぎニキビの原因に。髪の生え際やこめかみなどに芯がなく赤いニキビができているとしたら、洗顔料やシャンプーなどのすすぎ残しが原因でできている可能性が高いです

他にも考えられるかゆみの原因

1. 前髪

おでこに思春期ニキビがあると、前髪を下ろして隠そうとしていませんか。その前髪が思春期ニキビを長引かせています。

前髪がおでこに触れるたびに刺激となるだけでなく、髪についたほこりや雑菌がニキビの栄養となります。また刺激となる整髪料を付けることは、さらに環境を悪くしています。

2. 「かゆみ」魔のサイクル

肌をかくことでかゆみは治まるどころか、さらにかゆくなってしまうということをご存知ですか。

かゆみの原因となるヒスタミンと呼ばれる化学物質は、肌の真皮にあるかゆみを起こす細胞から出ています。肌が刺激を受けるとヒスタミンが放出され、神経を刺激してかゆみとなります。

かくことでかゆみが治まるわけではないのですが一瞬気持ちよくなるため、それが癖になってしまうことが多くありますが、かくことで肌を傷つけ炎症がひどくなりさらにかくようになるという悪循環に陥ります。そうならないためにも早い段階でかゆみの原因を突き止め、適切な対応をすることが大切です。

おでこの思春期ニキビの対策

では具体的にどのようにすればいいのでしょうか。おでこに思春期ニキビを作らせないための、対策例をまとめてみました。

1. 洗顔のすすぎは手で&保湿もしっかり行う

強すぎる刺激を避けるため、洗顔のすすぎは手で行いましょう。

また洗顔後の保湿も忘れずに。乾燥すると外部の刺激から肌を守るバリア機能が低下し、肌はそのバリア機能を補うために余計に皮脂を分泌しようとするためニキビに悪影響です。

使用する洗顔料や化粧水はニキビケア専用のスキンケア商品が望ましいです。添加物が多く含まれていない、肌にやさしい商品を選びましょう。

おすすめの洗顔料・化粧水はこちらをCHECK!!

ピックアップ記事

2. 髪を洗う時にはすすぎを徹底して行う

髪を洗う時にはすすぎ残しがないよう、すすぎにしっかりと時間をかけましょう。また頭皮を傷つけないよう、爪を立てて髪を洗う・すすぐことのないよう気を付けてください。

すすぎ残しがあると、思春期ニキビができやすいだけでなく、薄毛や抜け毛の原因ともなります。

3. 前髪がおでこにかからないヘアスタイルを選ぶ

おでこに思春期ニキビができると隠したくなりますが、それはぐっと我慢。髪を分けたり前髪をアップにして、おでこに髪がかからないヘアスタイルがお勧めです。

髪に整髪料を使うという場合も、おでこに触らないよう注意してくださいね。髪全体にかけるヘアスプレーはニキビが治るまで使用を控えた方が無難。入浴中もクリップで止めるなどして、前髪がおでこにかからないようにしましょう。

毎日のお風呂習慣を見直してみませんか?

今さら正しいすすぎ方法なんてと思われるかもしれませんが、実は子供だけでなく大人もできていない人が多い項目です。毎日のお風呂習慣を、保護者の方もお子さんと一緒に見直してみてください。

~正しいすすぎ方~

1. シャンプーの量に注意

シャンプーやコンディショナーのすすぎの腰を防ぐためにも適量を知っておくことが大切。

あごから肩くらいまでのミディアムヘアだと約6g、肩から脇の下のセミロングヘアだと約10g必要です。

500円玉硬化大の大きさで約3gということを目安にしてください。

2. 洗髪は前かがみで

美容院のように専用のシャンプー台であらうことがベストですが、シャンプーが体につくことで背中ニキビなどの原因となるため、前かがみで行いましょう。

3. 指で感触を確かめながらすすぐ

髪にぬめりがなく、きゅっという感触になるまでしっかりすすぎましょう。指を通しながらすすぐと感触を確かめながらすすぐことができます。

特に生え際・襟足・耳の後ろ・後頭部の内側はすすぎ残しやすいので意識してすすいでください。

洗顔をきちんと最後にしていますか?

汚れたシャンプー液などが顔や体に残ったままにならないよう、洗う順番も重要。必ず髪を洗った後に体、そして体を洗った後に顔を洗いましょう。ニキビが悪化しないよう、これから紹介する刺激の少ない洗顔料を使うこともお勧めします。

1. 中高生に人気!思春期ニキビに特化した「ファーストクラッシュ」

ファーストクラッシュの人気の理由は、何といってもその使い勝手の良さ。洗顔だけで化粧水や乳液の代わりに保湿まで行ってくれるので、ニキビケアやスキンケア初心者でも簡単に続けられます。

お肌にやさしい成分を配合し、着色料や油分は含まれていないのでさっぱりとしたつけ心地。シンプルなケアだけでなく、シンプルな容器のデザインも男女の区別なく使うことができると好評です。

ちょっと試してみたいという30日セットとじっくりケアしたいという60日セット、どちらもそれぞれの日数に合わせて返金保証付きという点も、保護者から支持される理由でしょう。初回限定でクリームのプレゼントもついてきます。

  • ・トライアル30日セット 4,011円(30日返金保証付き)
  • ・トライアル60日セット 8,023円(60日返金保証付き)
  • ・まとめ買い5本+1本プレゼント 20,056円(60日返金保証付き)
  • ※すべて送料無料税込価格です

公式サイトはこちら

2. 全身に使えるからおでこ以外の思春期ニキビケアにも!医学部外品「ノンエー」

こちらの商品は洗顔だけでなく、全身に使うことができるニキビ専用の石けんです。愛用者の中には背中や胸のニキビの悩実が解決されたという方もいます。

泡立ちががよくダブル洗顔で通常のメイクなら落とすことができるので、お子さんだけでなく親子で一緒に使っていただくこともできます。

初回限定でついてくるお試しサイズを使用して、肌に合わないと感じれば返金可能です。

ニキビ専用のスキンケア商品を作る会社が開発しているため、初めての注文にはローションジェルのミニボトルがプレゼントであることもうれしいですね。

  • ・1個2,940円(送料540円)
  • ・3個セット7,980円(送料無料)

公式サイトはこちら

まとめ

思春期ニキビがいじめや自信喪失につながることも少なくなく、子供たちは保護者が想像する以上に大きなダメージを受けています。

ホルモンバランスの乱れやすい成長期のニキビは避けて通ることができない道とはいえ、今回紹介したお風呂での習慣など、日々の生活の中で今まで気に留めていなかったことを気を付けてみると必ず変化が表れるはずです。

ニキビケアには精神的サポートも欠かせません。お子さんの肌に興味を持ち、親子で一緒に取り組みましょう。ニキビをこれ以上悪化させないために、睡眠時間の確保や栄養バランスのとれた食事などにも気を配ってあげてくださいね。

気になる栄養素についてはこちらを読んでみてくださいね。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。