大きくなりやすいこめかみにできた思春期ニキビに要注意 | チルコレ

[記事公開日] 2018/02/13
[最終更新日] 2018/02/18 SatoKaede

大きくなりやすいこめかみにできた思春期ニキビに要注意

こめかみにできた思春期ニキビ、実は大きくなりやすいという特徴があります。そのままにしているとひどいことになってしまうかもしれません。思春期ニキビを改善する方法は、生活の中の習慣をちょっと見直すだけ。思春期ニキビが初めてできた人も繰り返しできている人も、必見です!

  • 目次

こめかみにできた思春期ニキビに要注意!

こめかみにできる思春期ニキビは大きくなりやすいだけでなく、悪化しやすいため特に注意が必要です。

目立つパーツなだけに早く治したいと焦ってしまい、間違ったケアをしていると思春期ニキビが悪化しつぶれてしまうという最悪の事態になってしまうことも。

つぶれてしまうとニキビ跡にもなりやすいので、早い段階から正しいケアをスタートすることが大事です。

今回はそんなこめかみニキビの注意点をまとめてみました。

こめかみニキビの原因

正しいケアをするため、また思春期ニキビを防ぐため、原因をすることも大切です。

こめかみにできる思春期ニキビの原因はそもそも何でしょうか。

1. 思春期特有のホルモンバランスの乱れ

成長期に当たる思春期は、ホルモンバランスの乱れにより男性ホルモンが急激に発生します。男性ホルモンは皮脂腺を刺激するため、その結果皮脂が活発に分泌されるようになってしまいます。

顔の中でも特に皮脂の量が多いのがTゾーン(こめかみやおでこから鼻にかけてのパーツ)。

そのため思春期ニキビがこめかみによくできるのです。

2. 偏った食生活

スナック菓子やインスタント食品、ファストフードなどをよく食べていませんか。

肌は食べた物の影響を直接受けてしまうため、脂質や糖質の多い食品ばかりを食べていると思春期ニキビができやすい状態となってしまいます。

3. 睡眠不足

睡眠中に分泌される成長ホルモンによって、日中に受けた肌へのダメージが修復されます。睡眠時間が削られると、それだけ肌が再生される時間も短くなってしまうことに。

スマホや受験勉強などで睡眠時間が確保できていないという人も多いのではないでしょうか。

こちらの記事に詳しく紹介しているので、参考にしてくださいね。

ピックアップ記事

4. 洗顔料やシャンプーのすすぎ残し

おでこは思春期ニキビができやすいパーツですが、とくにこめかみにできる思春期ニキビは洗顔料やシャンプーのすすぎ残しが原因という可能性も高いです。

すすぎ残しで肌に残った洗顔料やシャンプーは毛穴を塞ぎ、こめかみにできる思春期ニキビの原因となります。

ワックスやスプレーなどの整髪料も同じように要注意です。

5. 乾燥

意外かもしれませんが乾燥も思春期ニキビの原因の一つ。

思春期ニキビの原因となっている「皮脂の過剰分泌」は肌が乾燥することでも起こってしまいます。

肌の潤いが足りなくなると、肌を守ろうとして皮脂が余分に分泌されます。

水分量が不足している肌は余分な皮脂を排出することもできないため皮脂が毛穴に溜まってしまい、思春期ニキビとなってしまうのです。

乾燥について詳しく紹介していますので、読んでみてください。

ピックアップ記事

こめかみの思春期ニキビを大きくしない3のポイント

それではこめかみに思春期ニキビができてしまったら具体的にどうすればいいのでしょうか。実はちょっとしたポイントに気を付ければ、思春期ニキビを大きくすることなく早く治すことができます。

1. 洗顔料やシャンプーはしっかりすすぐ

毎日の洗顔や洗髪の際のすすぎが重要です。髪が長い人は面倒でもヘアバンドやピンで髪を止めて、こめかみ周辺にすすぎ残しがないようにしっかりとすすぎましょう。

ワックスやスプレーといった整髪料の使用も思春期ニキビが治るまでは控えたいですね。

2. 保湿をしっかり行う

思春期ニキビがあるとべたつくからと保湿を軽視しがちですが、肌の乾燥を防ぐためにも保湿はしっかりしましょう。

洗顔で肌をきれいにした後は化粧水などを使用することをお勧めします。

3. 思春期ニキビをさわらない

思春期ニキビができると気になってさわりたくなりますが、そこはぐっと我慢。

思春期ニキビを雑菌だらけの指で触ると、刺激と雑菌で悪化させてしまいます。

さわらないことはもちろん、髪が思春期ニキビに当たることも刺激となるので、こめかみに髪がかからないようなヘアスタイルにすることも大切です。

こめかみニキビは「正しい洗顔」で治す!

こめかみにできる思春期ニキビを手っ取り早く治すには、毎日の洗顔を見直すことから始めましょう。

ただ正しい洗顔方法を知らない人も多くいます。ここでは今さら人に聞けない正しい洗顔方法をご紹介します。

1. 手を洗う

きれいにするつもりでする洗顔ですが、手に雑菌がついていると台無しです。

きちんと手を洗ってから洗顔をしましょう。

2. ぬるま湯で洗う

まず皮脂や汚れを浮かすためぬるま湯で洗いましょう。

温度の高いお湯を使うと思春期ニキビへの刺激となるだけでなく乾燥の原因となるので、32度前後の少し冷たいと感じるくらいのぬるま湯がベストです。

3. 洗顔料を泡立てる

思春期ニキビを刺激しないようやわらかいクッションとなる泡を作ります。

4. やさしく洗う

皮脂量の多いTゾーンから泡をのせて指の腹を使ってやさしく洗います。

洗う順番はTゾーン→Uゾーン(ほほやあご周り)→目や口周りです。

5. しっかりすすぐ

ぬるま湯を使いしっかりすすぎます。

特にこめかみや髪の生え際、鼻の凹凸周りはすすぎ残しがないように念入りにすすぎましょう。

6. タオルで水分を取る

やわらかいタオルで肌の水分を取り除きます。

この時にもごしごしと拭くのではなく、思春期ニキビを刺激しないようにやさしく拭き取りましょう。

思春期ニキビの原因となる皮脂や汚れで毛穴を詰まらせないようにすることが、洗顔の大きな目的です。

ぬるま湯や水だけの洗顔では皮脂や汚れを落としきれいなことがあるので、洗顔料を使うことが望ましいです。

こめかみのニキビにも!おすすめ洗顔料を紹介

いろいろな洗顔料がありますが、やはり結果を出すためにも思春期ニキビ専用の洗顔料を使用したいですね。思春期ニキビ専用の洗顔料の中でも特にお勧めしたいのがこちらの2つの商品です。

1. 思春期ニキビも大人ニキビもこれで解決!「ノンエー」

ノンエー

思春期ニキビだけでなく大人ニキビにもしっかり働いてくれるから親子で愛用している、という声も多く聞かれるのがノンエーです。

通常の石けんと比べて4倍ものきめ細かな泡でしっかり皮脂と汚れを落とし、有効成分が思春期ニキビの炎症を抑えてくれます。

保湿成分がたっぷり入っていることも注目したい点ですが、よりうるおいがほしいという場合には同シリーズのローションやジェルを合わせて使用することをお勧めします。

公式サイトはこちら

こちらの記事にノンエーが思春期ニキビに効果的な理由を紹介しています。

ピックアップ記事

2. 1本で洗顔料から乳液の役割までカバー!「ファーストクラッシュ」

ファーストクラッシュ

泡立てや洗顔後のスキンケアは一切不要!ファーストクラッシュは洗顔料ですが、洗顔だけでその後の化粧水や乳液の仕事までしてくれます。

使い方がシンプルで簡単なので、部活後の洗顔にも使いたいという男子スキンケア初心者にも続けやすいと好評です。

こちらの商品も同シリーズにクリームがあるので、より保湿をしたいという場合にはお好みで付け足すことができます。

どちらの商品も全額返金制度がついている点が保護者にとってもうれしいポイント。

お子さんの肌に合う商品が見極めてから購入できるので、失敗がないですね。

公式サイトはこちら

こちらの記事にはファーストクラッシュの人気の秘密や、お得な購入方法について紹介しています。

ピックアップ記事

ニキビができない肌を目指すには「食事」が重要

もちろん思春期ニキビを治すには、洗顔と合わせて食生活や睡眠時間を見直すことも必須です。

食事の管理は保護者が協力しやすいのではないでしょうか。

パンとコーヒーといった朝食にハムエッグとサラダを添える、スナック菓子の買い置きをやめて和菓子にしてみるなど、無理のない範囲で少しずつ変えていきましょう。

食事を見直すことで家族全員の健康にもつながり一石二鳥。

こうした規則正しい生活を送れば、自然と思春期ニキビができにくい体質になるはずですよ。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。