思春期ニキビと大人ニキビのちがい、あなたは知っていますか? | チルコレ

[記事公開日] 2017/12/25
Tatsuo

思春期ニキビと大人ニキビのちがい、あなたは知っていますか?

ニキビといえば思春期にできるものと思われがちですが、大人になってもニキビはできます。

思春期ニキビと大人ニキビは、ニキビができる原因と過程、発生する場所に違いがあるため、スキンケア法も違ってきます。

ここでは、具体的な原因と対処法をご紹介します。

  • 目次

それぞれのニキビの原因

ニキビは、20代までにできるニキビ、大人になってできるニキビ、この2パターンに分けられます。原因や特徴がそれぞれ異なります。

1)思春期ニキビ

年齢が12歳以下の場合は、ニキビの原因となる皮脂量は少ないのですが、成長するにつれて皮脂やホルモンの分泌量が急激に増加します。

特に、第2次成長期にあたる13歳〜18歳にかけてはピークにあたるため、男性ホルモンや女性ホルモンが皮脂腺を刺激し、皮脂の分泌が活発になります。

すると、分泌されすぎた皮脂がうまく排出されなくなり、毛穴に残った皮脂と古い角質が混ざり、毛穴がつまって炎症を起こしニキビになってしまいます。

2)大人ニキビ

大人になり年齢を重ねると、皮膚のターンオーバーが乱れ、肌のバリア機能も下がってしまいます。

それに加え、日常のメイクやストレスや睡眠不足など、生活環境の乱れが原因で大人ニキビができてしまいます。

さらに女性の場合は生理前後に女性ホルモンの影響で大人ニキビが悪化する場合があります。

できやすい箇所のちがい

1)思春期ニキビ

思春期ニキビは、主にTゾーンを中心にニキビがポツポツとできるのが特徴です。

おでこ、鼻筋は頬に比べると、皮脂の分泌量が約7倍多いため、思春期ニキビができやすいです。

2)大人ニキビ

大人ニキビは、Uゾーンにニキビができやすく、もみあげから顎にかけてのフェイスラインは特に注意が必要です。

フェイスラインは乾燥しやすい部位なので、思春期ニキビとは違ったケアが必要になってきます。

できやすい時期のちがい

1)思春期ニキビ

思春期ニキビは、皮脂の分泌が多くなる春から夏にかけてできやすいです。

さらに汗の量も増えるので、肌を清潔に保ってないと雑菌などが増え、ニキビができやすい環境になってしまいます。

また、夏になり紫外線を浴びると、肌を守るために肌の角質が厚くなり毛穴詰まりを起こしやすくなります。

2)大人ニキビ

大人ニキビは、思春期ニキビと同様に皮脂によるものもありますが、それ以外にターンオーバーが関係しています。

さらに、ストレス寝不足食生活の乱れなど生活環境によっても大きく左右されます。

それに加え、肌が乾燥しやすい季節になると、外部からも肌の刺激を受けるため、冬は特にニキビケアをしっかりと行うことをオススメします。

思春期ニキビのケア方法

大人ニキビができる原因は、乾燥などの肌トラブルの他に、ストレスや生活環境など、いろんな原因が複雑に絡まっているため、

まずは何が原因なのかを突き止め、それにあった対処を行うことが大切です。

思春期ニキビの場合は、ニキビができる原因のほとんどが、皮脂の過剰分泌によるものなので、

洗顔、スキンケアを工夫することでニキビを改善することができます。

以下のポイントを押さえてケアするのがおすすめです。

・洗顔時に強くこすりすぎない

・皮脂は落としすぎない

・保湿をして乾燥を防ぐ

・アルコールなど添加物による刺激が少ないケアアイテムを選ぶ

洗顔はたっぷりの泡で顔を包み込むように

正しい洗顔の基本は「余分な皮脂」を取り除くことです。

ここでひとつ注意してほしいことが、全ての油分を取り除かないようにすることです。

必要な皮脂までなくなってしまうと、肌が乾燥してしまいかえって悪影響を与えてしまいます。

そのため、洗顔の際にはしっかりと泡立てて、手が肌に直接触れないように「顔を泡で包み込む」ようにしましょう。

化粧水で保湿をしっかりする

洗顔した後は、皮脂が急に失われている状態にあるため、早めに化粧水で保湿することが重要です。

化粧水を使用せずにいると、肌は潤い不足になり、皮膚を守るために皮脂の分泌をしてしまいます。

すると、皮脂が過剰に分泌されすぎて、思春期ニキビへと繋がってしまいます。

こうならないためには、化粧水をしっかりと使用し、肌全体に水分を入れ込むことが大切です。

仕上げとして、油分の少ないニキビ肌にあったクリームや保湿ジェルなどで蓋をするようにしましょう。

まとめ

思春期、大人ニキビができたら、スキンケアだけでなく生活習慣も見直すようにしましょう。

夜更かし暴飲暴食というような習慣はニキビができやすい体質になります。

ニキビがおでこや鼻といった顔の中心にできてしまうと、どうしても目立ってしまいます。

特に、思春期というのは精神的にも多感で敏感な時期なので、ニキビが原因で憂鬱になってしまうこともあるかもしれません。

普段から肌の清潔さを保ち、正しい生活習慣で過ごし、ニキビを作らせないようにすることが大切です。

楽しい10代を過ごせるように、正しい知識と思春期ニキビ対策を頑張りましょう!

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。