思春期ニキビが治らない原因はお風呂にあった!? | チルコレ

[記事公開日] 2017/12/19
[最終更新日] 2018/01/24 SatoKaede

思春期ニキビが治らない原因はお風呂にあった!?

「どうしてうちの子はニキビが治らないんだろう・・・」対策していても、子供のニキビが治らないことありませんか?生活習慣を整えて、洗顔もさせているのに治らない「思春期ニキビ」。

もしかすると原因は、「お風呂」にあるのかも知れませんよ?

  • 目次

ご自宅の「お風呂」は大丈夫ですか?

子供のために食事を考えて、生活習慣を整えてあげて洗顔もさせているのに、思春期ニキビが治らない・・・そんなことありませんか?思春期ニキビの多くは、「ストレス」「生活習慣の乱れ」「紫外線」による、ホルモンバランスの崩れによって起きてしまいます。

「お風呂の何に問題があるの?」と考えてしまうかも知れませんが、子供の思春期ニキビが身体にできている場合は、「お風呂」が原因である可能性があるのです。

お風呂場を清潔にしていないと、タオルや洗顔ネットなどにも雑菌がわいてしまいます。

これでは肌に良いわけはありませんよね。清潔なお風呂場を作ってあげることで、思春期ニキビの悪化を防げるようになります。が、ニキビの原因の可能性はお風呂場の環境だけではありません…

思春期ニキビにはお風呂での『順番』が大切なのはご存知ですか?

思春期ニキビが治らない子供は、お風呂で身体を洗う時に、間違った順番で身体を洗っていませんか?

もしかすると、思春期ニキビが治らない原因は、「正しい洗い方」を行っていないことが原因かも知れません。

実は、正しい順番で身体を洗ってあげるだけで、思春期ニキビはある程度対策できるようになっていきます。

結論を言えば、思春期ニキビを治す正しい身体の洗い方は「頭」「身体」「洗顔」の順番です。

「洗い方でニキビが治るの?」そう考えてしまうかも知れませんが、思春期ニキビが治らない人は、いつも身体から洗って頭を洗い終わったらシャワーで身体を流すだけにしていませんか?

もしそうしているのなら、毛穴にどんどんシャンプーやリンスの成分が詰まっていきますよね?シャンプーやリンスが毛穴に詰まっていくと、身体中のあらゆるところにニキビができやすくなってしまいますね。

もちろん正しい洗い方をしている子供でも、思春期ニキビができてしまうことはあります。

しかし、頭を洗ってから身体を洗っていくことで、シャンプーやリンスが身体に残らないようになりますね。

お風呂で身体を洗う順番やポイントを、少し考えてあげるだけでも、効果的に思春期ニキビを減らすことはできます。

それでは具体的にどういったポイントに気を付けることで、思春期ニキビの対策ができるかを考えていきましょう。

1. 頭を洗う時のポイント

頭を洗う時には、優しく丁寧に洗ってあげることがポイントです。また、シャンプーやリンスが頭に残ってしまうと、毛穴が詰まってニキビの原因となってしまいますので注意しましょう。

  • シャンプーやリンスを頭に直接付けない
  • 手のひらでしっかりと泡立てる
  • 爪を立てずに指の腹で優しく洗う
  • シャンプーやリンスをしっかりと洗い流す

このポイントを意識してあげるだけで、思春期ニキビができにくくなりますね。少しずつ意識してあげることで、思春期ニキビは改善できるようになっています。

2. 身体を洗う時のポイント

頭を洗ってから身体を洗っていくことで、シャンプーやリンスが身体に残らないようになります。身体を洗う時は洗い方を意識してあげると効果的になりますので、次のポイントに注意していきましょう。

  • 身体より先に頭を洗わない
  • 石鹸やボディーソープをしっかりと泡立てる
  • ナイロンのタオル、スポンジを使う
  • お肌を傷付けないために、力を入れず優しくなでるように洗う

力を入れてゴシゴシと洗うのではなく、泡でなでるように洗ってあげることで、思春期ニキビができにくくなります。力を入れてお肌をこすると、身体に必要な分の皮脂も落としてしまうことになります。優しく洗ってあげることがポイントですね。

3. 洗顔のポイント

洗顔を行う時には、必ず身体をリラックスさせるために湯船に浸かりましょう。湯船に浸かって汗をかくことで、しっかりと皮脂を落とせるようになりますね。身体に負担を掛けないように、湯船には胸から下が浸かるようにして、こまめに肩にお湯をかけて身体を冷やさないようにしておきましょう。

  • 洗顔前にはぬるめの湯船に10分~15分入る
  • しっかりと石鹸、洗顔料を泡立てる
  • 泡で優しく顔をなでるように洗う
  • ぬるめのお湯、シャワーで丁寧に落としていく

湯船に浸かると身体の血行が良くなり、洗顔の効果がより高くなりますので、効果的に思春期ニキビを対策できますね。洗顔をする時にはお肌を傷付けないように、泡でなでるように洗ってあげることがポイントです。

洗い方を考えてあげることで、効果的に思春期ニキビを対策できるようになりますので、ポイントを意識していきましょう。

でももう子供と一緒にお風呂に入らない…

思春期ニキビに困っていても、もう子供と一緒にお風呂に入らない年齢になっている方もいますよね。「何とかしてあげたいけど、一緒に入れないからケアをしてあげられないの」そんな時には、年齢に合わせて声の掛け方を変えてあげましょう。

まだ小学生くらいの子供で、思春期ニキビを気にしているのなら「たまには一緒にお風呂に入ろうよ。困ってるニキビを何とかしてあげる」と、優しく言ってあげましょう。中学生から高校生くらいの子供なら「ニキビに困っているなら、こういう洗い方が良いみたい」と具体的にアドバイスを掛けてあげましょう。

子供の意思を尊重してあげて無理に一緒に入ろうとしないこと、そして思春期ニキビのことを真剣に考えていることを教えてあげましょう。子供のことを想うからこそ、声の掛け方を意識して、しっかりとケアをしてあげてくださいね。

洗顔ネットなどはきちんとケアできていますか?

お風呂場の環境や洗い方を整えてあげたら、ニキビに直接触れる泡を作る「洗顔ネット」のケアをしておかなければなりません。どれだけ他の部分をキレイにしていても、洗顔ネットが汚れていては、衛生的に悪いですしニキビを悪化させてしまいます。

特に洗顔ネットはお風呂場で使って、そのままにしている人は少なくありません。洗顔ネットは泡立てるだけなので、そのままにしてしまいがちですが、ちゃんと洗い流してキレイにしておいた方が良いですね。

また、お風呂場は湿気が多い場所ですので、バイキンが繁殖しやすい環境が整っています。バイキンが繁殖した状態で、泡立ててお肌に触れさせていては、ニキビが悪化してしまうのも納得ですよね。ヨゴレだけではなく、ネットの破れ、ほつれがあるとお肌を傷付けてしまう可能性があります。

細かいことではありますが、お肌に直接触れる泡を作る洗顔ネットには、特に気を付けてあげましょう。

思春期ニキビを治すなら、細かいことから見直していきましょう!

思春期ニキビは様々な原因で起きてしまうニキビです。今回ご紹介した方法は、思春期ニキビだけではなく、ニキビ全体に予防・改善に繋がる方法です。子供が思春期ニキビで悩んでいるのなら、家族でサポートしてあげて思春期ニキビの改善をしてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事には、ニキビ治療に欠かせない洗顔料の選び方について紹介しています。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。