【高校生向け】身長を伸ばしたい人が取るべき睡眠の方法まとめ | チルコレ

[記事公開日] 2017/12/24
[最終更新日] 2018/08/28 SatoNatsumi

【高校生向け】身長を伸ばしたい人が取るべき睡眠の方法まとめ

子どもが高校生にもなると、今後も身長が伸びるのかどうか気になってしまいますよね。身長を伸ばすには睡眠が鍵ということは分かっていても、具体的な方法は意外と知られていなのが事実。今回は身長を伸ばしたい高校生にオススメの睡眠方法をまとめてお伝えします。

  • 目次

高校生の寝不足がもたらす影響とは?

睡眠は背を伸ばす上でポイントとなる大切な要素。睡眠中に成長ホルモンが分泌されるため、質の良い睡眠を適切な長さで取ることが必須事項です。

また、成長ホルモンの分泌は入眠後2~3時間のノンレム睡眠の間最も活性化します。(※1)約90分ごとに繰り返すレム睡眠・ノンレム睡眠の周期をできるだけ多く取ると、十分な睡眠時間が確保されると同時に成長ホルモンの分泌の安定につながります。

寝不足の状態が続くと上記の活動が行われにくくなるため、身長が伸び悩む可能性が出てきてしまいます。睡眠は身長を伸ばすだけでなく、健康維持の基盤ともいえる欠かせない要素です。寝不足に陥らないよう、常に生活習慣を見直す癖をつけましょう。

高校生が身長を伸ばすために絶対必要な睡眠時間って?

それでは高校生が身長を伸ばすために確保したい睡眠時間は、一体どのくらいを目安とすればよいのでしょうか。

子供に必要な睡眠時間は小学生(低学年)で10時間前後、小学校(高学年)から中学生までで9時間半程度です。高校生が身長を伸ばすためには、一般的に約7〜8時間半が最低限確保するべき睡眠時間とされています。睡眠は成長ホルモンの分泌を安定させると同時に、「骨を休める」という効果もあります。睡眠不足の状態が続くと体が疲弊し、やがて成長ホルモンの分泌がうまく行われない可能性も出てきます。
そこでお子さんが良質の睡眠を取り毎日を活き活きと過ごせるよう、親子で協力して身長が伸びやすい環境を作ることが大切です。それにあたり、すぐにできる具体的な方法について解説していきます。

(※1)内山真『睡眠障害の対応と治療ガイドライン』(2012年)

質の良い睡眠ってどうしたらとれるの?

前述の通り、成長ホルモンの分泌を効果的に促すには質の良い睡眠をとることが大切です。質の良い睡眠の実現は、寝る前の行動によって左右されます。例えば、夜寝る前にスマートフォンを長時間使用しているとブルーライトの浴び過ぎで目が冴えてしまい、なかなか寝付けなくなります。また寝る時以外にもベッドでごろごろしていると、体が休息の時と勘違いし、いざ眠ろうというときになって寝付けないということも起こります。

また、できる限り寝る直前に食事をとらないということも覚えておきたいポイントです。寝る前に食事を摂ると、睡眠中にも消化のために胃が働かなければならなくなります。その影響で眠りが浅くなり、成長ホルモン分泌の促進が滞ってしまうのです。

これらの点に注意するほか、早寝早起き・規則正しい食事の摂取・適度な運動の実行にも重きを置くことが大切です。早寝早起きに関しては、成長ホルモンが分泌されやすい午後10時〜午前2時の「ゴールデンタイム」にしっかり睡眠を取れば、朝すっきりと起床できるようになります。

食事においては、アミノ酸の一種である「アルギニン」をはじめとする体づくりに必要な栄養素を3度の食事にバランスよく取り入れるよう心がけます。加えて適度な運動は、身長を実際に伸ばす原因となる骨端線に刺激を与えその増殖を促す(=身長が伸びる)効果があるため、定期的に行うようにしましょう。

上記の注意点ならびに生活習慣の改善を心がけて生活することで、次第に睡眠の質が向上していくはずです。

それでも難しい良質な睡眠へのサポートとして

上記にご紹介した注意点・改善方法を試しても、なかなか良質な睡眠を取ることが難しい場合は、各種サプリを使用するのもひとつの方法です。今回は中でも特に効果の高い「リラクケア」と「キリツテイン」についてご紹介しましょう。

リラクケア1日2カプセルの摂取が理想的な休息サポートサプリ。質の良い睡眠を促してくれる機能性関与成分「L-テアニン」という成分が含まれており、起床時に感じる疲れや眠気を和らげる効果があります。1日の目安摂取量・2カプセルにつき200mgものL-テアニンを含み、ストレスなく効率よい摂取が可能です。

更にリラクケアにはL-テアニンの他、GABA・イノシトール・ナイアシン・ビタミンB6という有効成分も配合されています。睡眠の質を上げてくれるほか、ストレスを軽減する働きも持ち合わせているため、受験を控えた高校生にはもってこいのサプリといえます。

公式サイトはこちら

キリツテインL-テアニンの含有量が高く、睡眠の質の向上・ストレス軽減・全身の血行促進に役立つサプリです。キリツテインは高純度テアニンである「サンテアニン」も含有しているので、高い効果が期待できます。キリツテインの1日の摂取量は4粒ですが、サンテアニンはその中におよそ220mgも含まれています。

更にキリツテインには「鉄分」(鉄分不足を補う)「高麗人参」(疲労回復・新陳代謝の活発化)「亜鉛」(体全体の循環アップ)の3大成分も含まれています。これらには女性特有の悩みを軽減・解消に導く働きがあるため、手元に常備しておくことで安心感を得られるサプリです。

公式サイトはこちら

これらを日々の生活に取り入れ始めたことで、どうにも解消できなかった疲労感やストレスかなり軽減されたという嬉しい体験者の声も届いています。体験者の中には高校生など子供だけでなく、親も一緒に生活に取り入れて効果が得られたという声も多々あるようです。

質の良い眠り・気持ちの良い目覚めが実現し、体に活力が戻ってくると、心身ともに良い影響がもたらされます。生活習慣改善だけでは解決の糸口が見つからない場合は特にサプリの導入を考察してみる価値があります。

まとめ

本記事では主に高校生へ向けて、身長を伸ばしたい場合に取るべき睡眠の方法をお伝えしてきました。高校生の寝不足がもたらす影響・身長を伸ばすために確保したい睡眠時間・そして睡眠の質の向上に向けた具体的な対策について、理解を深めていただけたでしょうか。

生活習慣の改善を行うとともに、前述のサプリメント類を使用して様子の変化を見てみるのもひとつの方法です。身長が思うように伸びないことで更なる悩みやストレスを抱えてしまっては元の木阿弥。お子さんも親自身もストレスを感じない程度に、お子さんの生活習慣の質が上がるよう、ご紹介した方法を実行してみてください。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。