「こどもフルーツ青汁」で野菜嫌いの小学生も簡単に栄養サポート! | チルコレ

[記事公開日] 2018/02/26
[最終更新日] 2018/05/18 jottasuke

【口コミ】「こどもフルーツ青汁」で野菜嫌いの小学生も簡単に栄養サポート!

「野菜は食べたくない!」そう言って野菜を残してしまうお子さんも多いと思います。でも親としては野菜もしっかり食べてほしいですよね。そんなときは、「こどもフルーツ青汁」で不足しがちな野菜を補ってあげましょう。

  • 目次

毎日の食事でお子さんの栄養は十分ですか?

小学生になって背も伸び、日々元気に成長していくお子さんを見るのは嬉しいものですよね。

お子さんの成長には、たっぷりの栄養が欠かせません。
普段、お子さんは好き嫌いなくご飯を食べていますか?

多くのお子さんは野菜がどうしても苦手で、お子さんによっては一口も箸を付けなかったりするのではないでしょうか?

親としては野菜もしっかり食べてほしいところですが、子どもは一度食べたくないと思ったものは何をしても食べてくれないものです。

細かく刻んだり、味付けを変えたりしても、敏感に感じ取って残すことも珍しくありません。

しかし、栄養バランスの偏りは成長に悪い影響があるので、できるだけ早いうちに改善したいものですよね。

お子さんは毎日朝ごはんを食べていますか?

お昼ごはんが学校の給食なので、食事の時間は決まっていますし、栄養面も栄養士さんがサポートしてくれています。

夕ごはんもある程度親御さんの帰宅時間に合わせて食べることができるでしょう。

問題は朝ごはんです。
寝起きが悪くて食欲が無かったり、寝坊してしまったりして、毎日しっかりと朝ごはんを食べない子どもは珍しくありません。

朝ごはんは1日のエネルギー源です。
体調が悪い時以外は、できるだけバランスの良い朝食をしっかりと食べさせてから学校に送り出しましょう。

野菜嫌いだとなかなか大変

「何をしても野菜を食べてくれない」
「野菜だけお皿の隅に寄せて残す」

こんな悩みを抱えている親御さんは少なくないと思います。

実際、昔に比べると現代の子どもは野菜を食べなくなってきており、年々その傾向が強くなってきています。

野菜を食べない理由は、

  • 食卓に上らないから
  • 野菜の味や食感が苦手
  • 食わず嫌い

など様々ですが、毎日の献立に積極的に野菜を取り入れ、無理のない範囲で工夫をしながら、お子さんに野菜を食べさせましょう。

子どもの好き嫌いは成長と共に少なくなっていくものです。しかし、できるだけ早いうちに克服したほうが良いのは言うまでもありません。

野菜嫌いから野菜不足になると、お子さんの成長に悪い影響が出てしまいます。

例えば、食物繊維の不足から便秘になってしまったり、ビタミンDの不足から骨が脆くなってしまったりするのです。

他にも免疫力が低下したり、体の代謝が落ちてしまったり、集中力ややる気が続かなくなってしまったりする場合もあります。

肉や魚、炭水化物ばかり食べていると、肥満になりやすいというのも気になるポイントです。

「思春期になれば痩せるはず」と子どもの肥満を放置する親御さんが居ますが、思春期になってから自然に痩せて、標準体重になる人はほんの僅かというのが現状です。

肥満を放置すると、大人になってから生活習慣病になるリスクが高くなるので、子どもの内から正しい食生活を身に付けさせ、肥満を防ぎましょう。

1日に必要な野菜の量は、大人であれば350g程度と言われています。
子どもの場合はもう少し少なく、240g~300g程度です。

240g~300g程度の野菜を毎日欠かさずに食べ続けるというのは、野菜を食べる子どもはもちろん、それを準備する大人にも負担が掛かります。

できるだけお子さんはもちろん親御さんにも負担のない方法で上手に野菜不足を補い、食事の栄養バランスを整えてあげましょう。

編集部オススメの「こどもフルーツ青汁」って何?

こどもフルーツ青汁

野菜不足を補うのに最適なのがサプリメントです。
現在は子ども用のサプリメントが豊富に市販されています。

その中でも、手軽で美味しく続けやすいと評判なのが「こどもフルーツ青汁」です。

水に溶かすだけだから簡単!

「こどもフルーツ青汁」は、水に溶かして飲むタイプのサプリメントです。
粉末を水に入れてシェイクするだけなので、朝の忙しい時間でもすぐに作ることができます。

また、火や熱湯を使わないので、お子さんでも簡単に作ることができます。

1杯あたり50mlと、あっという間に飲み切れる量なのもポイントです。
朝ごはんがなかなか食べられないお子さんでも、無理なく飲んで栄養を補給することができます。

より栄養価を高めたい場合は、牛乳や豆乳と混ぜて飲むのもおすすめです。
水に溶かすよりも腹持ちが良くなるので、おやつ代わりにしても良いでしょう。

ミックスフルーツ味で飲みやすい!

「こどもフルーツ青汁」は、毎日続けるものだからこそ美味しさにもこだわっています。

青汁というと「不味い」「苦い」「青臭い」といったイメージを持っていらっしゃる親御さんも多いのではないでしょうか?

しかし「こどもフルーツ青汁」は、野菜が苦手なお子さんでも美味しく飲めるミックルフルーツ味です。

青臭さや苦みなどが無いので、野菜嫌いのお子さんでもジュース感覚で美味しく飲むことができます。

「こどもフルーツ青汁」の甘さは、果物と黒糖に由来しています。
人工甘味料は使用していないので、体に優しいのも人気の理由です。

たっぷりの野菜&大麦若葉で栄養満点!

「こどもフルーツ青汁」は、比較的クセの少ない大麦若葉をベースにした青汁です。

大麦若葉以外にトマトやセロリをはじめとした14種類の野菜と4種類の果物が配合されています。

乳酸菌やビフィズス菌、カルシウムも補うことができるので、好き嫌いが激しく、栄養バランスが偏りがちなお子さんにもおすすめです。

この商品について詳しく見る

こどもフルーツ青汁口コミ

  • 野菜嫌いの娘が自ら飲んでいます。野菜を食べさせるのに苦労していたのですが、その娘が自らこどもフルーツ青汁を飲み始めました。簡単に必要な栄養が補給できるのでとても助かっています。
  • 成長に効果があるかわかりませんが… 青汁なのでビタミンや野菜嫌いの子供でもしっかり栄養が摂れているんだと思います。それがどう成長に影響してるのかわかりませんが、おいしく飲んでいるので続けていきたいと思います。
  • 毎日学校に行く前に飲んでいます。 毎日子供が学校に行く前に飲んでいて、「こどもフルーツ青汁はとても飲みやすい!」と言っています。

まとめ

野菜嫌いのお子さんは多く、1日に必要な量の野菜を毎日しっかり食べているお子さんは少ないのが現状です。

野菜不足は、免疫力の低下させる・丈夫な骨の発達を妨げるなどお子さんの成長に悪影響を及ぼすことがあるので、サプリメントなどを使って上手に不足しがちな野菜を補ってあげましょう。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。