親がしっかり確認すべき点はここ!思春期ニキビの洗顔料選びの落とし穴! | チルコレ

[記事公開日] 2017/12/11
[最終更新日] 2018/02/15 OshitaRisako

親がしっかり確認すべき点はここ!思春期ニキビの洗顔料選びの落とし穴!

思春期ニキビケアにおいて日々の洗顔は大変重要です。洗顔をないがしろにしていては思春期ニキビが完治することはありません。

もちろん洗顔に使用する洗顔料も要チェック!もし思春期ニキビがなかなか治らないとお子さんが悩んでいたら、原因は普段使っているその洗顔料かもしれません。

  • 目次

家族で同じ洗顔料を使っていませんか?

洗顔料・せっけん・シャンプーなどは保護者の方が購入し家族で同じものを使用している、またはお母さんだけ別のものを使用しているというご家庭が多いですよね。

たとえ家族でも肌の状態はそれぞれ違います。お母さんが化粧水などのスキンケアアイテムを年齢・肌質などを基準に選ぶことと同様、思春期ニキビがあるお子さんにも肌の状態に合わせたスキンケアアイテムを選んであげましょう。

思春期ニキビにとっての洗顔料の大切さ

思春期ニキビを改善するためには、思春期ニキビの原因となる余分な皮脂を落とすこと、そして肌の機能を正常にするために保湿をしっかりと行い肌のバリア機能を取り戻すこと、この2点が大切です。

通常洗顔で余分な皮脂を落として、化粧水や乳液などでしっかり保湿をすれば健やかな肌を保つことができるのですが、思春期ニキビをこじらせているお子さんの多くは最初に行う洗顔の部分でつまづいています。

  • 1日に3回以上洗顔をする
  • 冷たい水やお湯で洗顔をする
  • 洗顔料は泡立てず、適当に顔に洗顔料を広げて洗う
  • 皮脂を落とすためごしごし洗う
  • 2分以上かけて洗顔をする
  • 洗顔後はタオルでごしごし拭く
  • 思春期ニキビができている場所は特に念入りに洗う

お子さんの洗顔方法はいかがでしょうか。上に挙げた7つの項目の1つでも当てはまれば、思春期ニキビを悪化させる方法で洗顔をしていると言えます。

思春期ニキビを改善するためには正しい洗顔方法を行うことがポイントとなりますが、実は大人でも正しい洗顔方法を実践できている方はごく少数。お子さんにアドバイスをする前に、保護者の方も正しい洗顔方法を今一度確認してみましょう。

~正しい洗顔方法~

1、手を洗う

雑菌だらけの手で顔を洗うと、アクネ菌の増殖につながります。かならず清潔な手で洗顔を行いましょう。髪が長いお子さんは洗顔中に髪が落ちてこないよう、ヘアバンドなどを使用しましょう。

2、ぬるま湯で洗う
冷たい水も熱いお湯も思春期ニキビにはよくありません。お湯を使って洗顔をすると必要な皮脂まで取ってしまい、バリア機能が低下、結果思春期ニキビを悪化させてしまいます。
皮脂が溶け出す温度がだいたい32度前後とされているので、少し冷たいと感じるぬるま湯がベストです。

3、洗顔料を泡立てる
しっかりとした泡を作ることで、洗顔をする際に肌にかかる摩擦を軽減します。泡を乗せた手を下に向けても、すぐに落ちてこないくらいの弾力のある泡が理想です。手だけを使って理想の泡を作ることは難しいので、泡立てネットを使うことをお勧めします。

4、洗顔の順番に気を付ける
皮脂の多いTゾーン(額・鼻周り)、Uゾーン(ほほ・あご周り)、そして粘膜の薄い目元や口元の順に洗います。力は入れず、指の腹を使い肌の上で泡を転がすイメージで洗います。

5、ぬるま湯ですすぐ
髪の生え際やこめかみ、そしてあごなど、すすぎ残しが多いところは特に丁寧にすすぎましょう。すすぎの際にもごしごしとこするのではなく、手でたっぷりのぬるま湯をすくい、そこに顔をつけるイメージで行ってください。

6、タオルで拭くのではなく押し当てる
洗顔後の肌はとてもデリケート。タオルでこするように拭くと傷ついてしまうので、やさしく押し当てるようにして水分を取り除きましょう。

※お子さんが浴室での洗顔をシャワーで行っているという場合、すぐに止めさせてください。シャワーの刺激が思春期ニキビへの刺激となり必要な皮脂を取ってしまうため、乾燥と乾燥による皮脂の過剰分泌に悩まされることになります。

ちゃんと成分を知っていますか?

正しい洗顔方法をマスターしても、思春期ニキビケアに適切な洗顔料選びで間違ってしまうと期待するような結果は得られないでしょう。

おしゃれに敏感な最近の子供たち、洗顔料は自分で選んでいるというお子さんもいるかもしれません。ただその場合にも選ぶ基準となっているのはCMやファッション誌で、洗顔料の成分までチェックしているというお子さんは少ないですよね。

洗顔料は肌にやさしい成分でできたものを選ぶのが基本。洗顔料などのスキンケアアイテムや化粧品に含まれる添加物のため、皮膚の老化現象やアレルギーに悩む子供が増えています。思春期ニキビができている場合はもちろんですが、思春期ニキビが改善されても「肌にやさしい」をキーワードにスキンケアアイテムを選ぶようにしましょう。

思春期ニキビにおいて注意すべき成分!

洗顔料に含まれる添加物として代表的な成分をまとめました。思春期ニキビができている肌には特に避けたい成分となっているので、洗顔料を選ぶ際に参考にしてください。

・界面活性剤

一般的に石油系と植物系に分けられることが多いですが、石油系とされている界面活性剤でも原料に植物を使用していることがあり、一概に「石油系は危険、植物系は安全」とは言い切れません。数多くある界面活性剤の中でもラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naは洗浄力が非常に高く、頭皮だけでなく顔や体の皮膚にも影響を及ぼします。

・アルコール

エタノールなどのアルコールを使うことで、水や油に混ざりにくい成分をうまく溶かすことができます。肌の皮脂を取り除く・肌を引き締める効果がありますが、肌の水分を奪って乾燥を招きます。敏感肌の人も赤みやかゆみの原因になります。

・防腐剤

パラベンなどの防腐剤はアレルギーを引き起こす可能性がある成分なので、肌が敏感な状態で使用すると炎症などの肌トラブルを招くことがあります。

・合成着色料

「青〇号」「赤〇号」と表示されるタール色素は肌への刺激となります。

・合成香料

ほとんどが石油由来の成分でできています。洗浄力が強く、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

思春期ニキビの洗顔料を選ぶポイントまとめ

思春期ニキビに悩むお子さんのための洗顔料を選ぶ際のポイントは以下の3つです。

①肌への刺激となる成分を極力使用していない

購入前に洗顔料などのスキンケアアイテムのパッケージの成分表示をチェックしましょう。多く使用されている成分の順に、左上から表示されています。この成分表示方法は食品でも同じなので、食料品を購入の際にも参考にしてくださいね。

②余分な皮脂をきちんと取り除いてくれる

強力すぎる洗浄力は思春期ニキビ悪化の原因となってしまいますが、洗顔料の働きを十分してくれる適度な洗浄力があるアイテムを選びましょう。

③肌のバリア機能を正常化するための保湿成分が含まれている

乾燥すると肌への刺激を直に受けるだけでなく、肌を守ろうと皮脂分泌が活発になるため、思春期ニキビがなかなか治らなくなります。肌のバリア機能を保つため、保湿には十分気を配りましょう。

~防腐剤を使っていない洗顔料がいい?~

パラベンなどの防腐剤の使用については賛否両論あります。敏感肌や思春期ニキビができている肌にとって、防腐剤は刺激となり炎症を引き起こしてしまうことがあります。

ただ防腐剤が入っていないスキンアイテムの場合、商品の劣化速度が速いため短期間に使い切らなくてはいけません。当然保管についても気を付けなければ腐ってしまいます。劣化した状態の洗顔料を肌に付けることで肌トラブルを招いてしまうので、防腐剤フリーアイテムを使用する際には短期間に使い切ることと、正しく保管することを心がけましょう。

思春期ニキビにオススメの洗顔料!

いくら人気がある商品でも肌に合うか合わないかは使ってみないと分からないですよね。そこで思春期ニキビに適した洗顔料の中から、全額返金制度がある商品をピックアップ。「高いお金を出しても肌に合わないかったらどうしよう」という不安を解消します。

①ミニサンプルを使用して合わない場合には全額返金OK!「ノンエー」

ノンエー

長年、肌トラブルに悩む人向けのスキンアイテムを研究・開発してきた会社が販売する「ノンエー」。思春期ニキビ肌にとって理想的なクッション洗顔を可能にする、きめ細かく弾力のある泡が特長です。

泡立てが苦手なお子さんも初回プレゼントに含まれる泡立てネットを使用することで、楽に濃厚な泡を作ることができます。石けんなのでたっぷり全身に使うことができる点もうれしいですね。

初回プレゼントにはミニサイズのローションやジェルもついてくるので、洗顔料だけでなく思春期ニキビ用のスキンケアアイテムを探しているお子さんにもお勧めです。

公式サイトはこちら

②使い切っていても返金可能!60日間たっぷり試せる「ファーストクラッシュ」

1日2日では思春期ニキビを治すことはできませんが、ファーストクラッシュはじっくりケアに取り組むことができるよう60日間の返金保証がついています。

思春期ニキビケア専用アイテムとなると一般的な洗顔料よりは高額になってしまいますが、ファーストクラッシュは使い切っていても返金保証してくれるので、保護者の方にとっても気負わず援助してあげることができるのではないでしょうか。

面倒な泡立てだけでなく、洗顔料に化粧水・乳液の役割を果たしてくれる成分が入っているため、洗顔後のケアも必要なし!お肌のお手入れ初心者や男子にも好評です。

公式サイトはこちら

③60日間返金保証フェイス・ボディブラシプレゼント!「プロアクティブ+」

誰もが一度は耳にしたことがあるプロアクティブ+は、全世界で愛されているニキビ専用のスキンケア商品です。こちらも60日間の返金保証付き、もちろん使い切っていてもOKです。さらに今なら専用のフェイスブラシとボディブラシもついてくるので、顔だけでなく体の思春期ニキビで悩むお子さんにも最適ですよ。

ただこちらの商品は洗顔・美容液・クリームの3ステップが基本となっているので、他の商品よりもちょっとハードルが高くなります。商品の効果を感じるためには継続して使用することが重要なので、保護者の方もサポートをしてあげてくださいね。

公式サイトはこちら

~番外編~家族でシェアできるお手入れセット「ルナメアAC」

洗面台の上がパパ・ママ・子供たちそれぞれのアイテムで散乱していませんか。ルナメアACは思春期ニキビだけでなく大人ニキビのケアにもお勧めです。洗顔料だけでなく、メイク落とし・化粧水・ジェルクリームのセットなので、思春期ニキビに悩むお子さんが男子だとしても、日常的に化粧をするお姉さんやママと共有できます。

肌のタイプ別に化粧水を選ぶことができる点も高ポイント!全額返金制度はないものの、1週間お試しセットでお試しができます。

公式サイトはこちら

まとめ

思春期ニキビがある・ないに関わらず、スキンケアアイテムを選ぶときに口コミを参考にするという方が多いですが、肌の状態やタイプは人それぞれ。口コミの情報がそのまま自分に当てはまるということはありません。

特に思春期ニキビに悩むお子さんの場合、これが洗顔料デビューというケースも多いでしょう。洗顔料を選ぶときには口コミに頼り過ぎず、まずは試してみることが重要です。今回ご紹介した全額保証付き、またはお試しセットがある商品だと、お子さんも保護者の方も気軽に使ってみることができるでしょう。

思春期ニキビを治すためには最低でも数か月継続して使用することが必要です。せっかく購入しても肌に合わない、めんどうだとすぐに放り出してしまうことがないよう、しっかりお子さんをフォローしてあげてくださいね。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。