野菜嫌いの小学生には「ノビーノ21種のやさい」がオススメな理由3つ | チルコレ

[記事公開日] 2018/03/06
[最終更新日] 2018/06/21 jottasuke

【口コミ】野菜嫌いの小学生には「ノビーノ21種のやさい」がオススメ

皆さんのお子さんは、野菜をきちんと食べていますか?中には野菜嫌いで、野菜には一切箸を付けないというお子さんもいらっしゃるかもしれません。そんな時は、サプリメントを活用して野菜不足を補いましょう。

  • 目次

お子さんは野菜嫌いではありませんか?

子どもの嫌いな食べ物と聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか?
多くの親御さんは野菜を思い浮かべるのではないでしょうか?

NHKエデュケーショナル「すくコム」が行ったアンケートによれば、子どもの嫌いな食べ物第1位が緑黄色野菜・葉物野菜、第2位がトマト、第3位がピーマンと野菜がTOP3を占めています。

子どもが野菜が嫌いな理由には

  • 香りが嫌
  • 苦みがあって美味しくない
  • 食感が苦手

等がありますが、多くの場合成長と共に味覚が変化し、好き嫌いも減っていくものです。

しかし、「そのうち克服できるから」と野菜嫌いを放置しておくと、成長に思わぬ悪影響を及ぼす場合があります。

できるだけ小さいうちから野菜を食べる習慣をつけ、普段から肉・魚と野菜のバランスを考えた献立を考えるなどして、野菜に対するお子さんの苦手意識を和らげてあげましょう。

1日に必要な野菜の量

では、1日に必要な野菜の量はどれぐらいなのでしょうか?

一般的に、成人1人が必要な野菜の量は350gと言われています。
子どもの場合は、年齢にもよりますが、240gから300gが目安です。

しかし、「第6次日本人の栄養所要量の活用編および平成27年国民健康・栄養調査」によると、6歳から12歳のいずれの年代でも摂取量が必要目安量に届いていません。

240gから300gの野菜は、具体的に言うと、なすなら3~5本、オクラなら24~32本、トマトなら1.5~2.5個、ピーマンなら7~9個にもなります。

これだけの量の野菜を毎日食べ続けるとなると、お子さんも大変ですし、親御さんも大変です。

毎日欠かさずに食べられればそれが一番ですが、難しい場合はあまり無理をしないようにしましょう。

野菜を取らないとこんなデメリットが!

では、野菜を食べないでいるとどんなデメリットがあるのでしょうか?

おなかの調子が悪くなる

まず第一に挙げられるのが、便秘です。

野菜には食物繊維がたっぷり含まれています。食物繊維にはおなか調子を整える働きがあるので、積極的に食べられるよう工夫をしましょう。

体が弱くなる

次に、体が脆くなるというデメリットが挙げられます。

小学生のお子さんは、成長期の真っ只中です。日々筋肉や骨が発達しています。
そのタイミングでカルシウムやビタミンDが不足すると、骨が十分に発達せず、脆くなってしまいます。

骨が脆くなってしまうと、少しのことで骨折したりしやすくなります。

また、免疫力や抵抗力を高め、病気に負けない体を作るためにも毎日十分な量の野菜を食べさせましょう。

集中力が続かなくなる

野菜が不足すると、集中力が減退します。

勉強に集中できなかったり、やる気が起きなくなったり、メンタルの面にも影響があるので、野菜不足にならないよう気を付けましょう。

代謝が低下する

成長期のお子さんの体の中では、日々様々な細胞が生まれ変わっています。
その細胞の生まれ変わりに大きく関わっているのが、体の代謝です。

野菜が不足し、代謝酵素が足りなくなると、細胞の生まれ変わりがスムーズに行われなくなります。

細胞の生まれ変わりを促し、丈夫で健康な体を作るためには、野菜をしっかり食べることが重要です。

今すぐにでも栄養が摂れるサプリ「ノビーノ21種のやさい」

ノビーノ21種の野菜

健康的な食生活には野菜が欠かせないものですが、嫌いなものは何をしても食べてくれないのが子どもです。
細かく刻んだり、味付けを変えたりしても、目ざとく発見してお皿の隅に寄せているお子さんも多いのではないでしょうか?

そんな時は、お菓子感覚で食べられるサプリメント「ノビーノ21種のやさい」を利用しましょう。

「ノビーノ21種のやさい」は、21種類の野菜の栄養がギュッと詰まったサプリメントです。
一般的なサプリメントと違い、ラムネのように噛んで食べます。

味は野菜が苦手なお子さんでも食べやすいミックスフルーツ味です。
野菜独特の苦みや青臭さなどがないため、好き嫌いが激しいお子さんでも抵抗なく食べられるのではないでしょうか?

噛んで食べるサプリメントの中には、合成甘味料がたくさん含まれているものもあります。
「ノビーノ21種のやさい」にも「アステルパーム・L-フェニルアラニン化合物」という合成甘味料が使用されています。

しかし、「ノビーノ21種のやさい」に含まれる「アステルパーム・L-フェニルアラニン化合物」は、国際機関のJECFA・アメリカの米国食品医薬品局・日本の食品衛生調査会において安全性が確認されているものなので、ご安心ください。

「アステルパーム・L-フェニルアラニン化合物」は、砂糖に比べて低カロリーで、たんぱく質由来の甘味料のため虫歯の原因になりにくいとされています。

食品添加物などが気になる親御さんもいらっしゃるかと思いますが、「ノビーノ21種のやさい」に含まれる合成甘味料の量は国際機関JEFCAの定める許容一日摂取量の100分の1です。

あまり神経質にならなくても良い量と言えるのではないでしょうか。

「ノビーノ21種のやさい」は通常価格3,300円(税抜)ですが、定期購入にすると初回は990円(税抜)、2回目以降は2,640円(税抜)で購入することができます。

毎日のおやつに「ノビーノ21種のやさい」をプラスして、無理なく美味しく野菜不足を補いましょう。

この商品について詳しく見る

「ノビーノ21種のやさい」良い口コミ

  • 働きながら2児を育てていますが、どうしても食事をつくってあげれない時があり、冷凍食品などに頼っていました。 栄養のかたよりが心配でネットでこのサプリメントを発見。 美味しいと口コミでも書いてあったので、始めることにしました。 子供も気に入ってくれたようで、今では毎日かかさず食べるようになりました。 以前よりも体重が増えただけでなく、こころなしか風邪もひきにくくなった気がします。
  • 子供が野菜を全然食べないので栄養が偏ってしまっていたんです。 ママ友からノビーノを教えてもらってさっそく試してみることに。お菓子みたいに美味しいらしくパクパクと毎日食べてくれています。現在は続けて3ヶ月ほどになりますがカラダがしっかりしてきたのを実感しています。

「ノビーノ21種のやさい」悪い口コミ

  • 子供が野菜を嫌って全然食べないので、なんとかしようと思い「ノビーノ」を食べさせてみることに。おやつのようにむしゃむしゃ食べてはいましたが、やはり同じ味では飽きてしまうようですね。一週間も続きませんでした。
  • フルーツの味付けがしてあるということで、これなら食べてくれるだろうと思って購入しました。しかし、うちの子には合わなかったようで、残念ながら食べてくれませんでした。 代わりに私が美味しくいただいていますが、それでは意味がないですね・・・

まとめ

野菜が嫌いという子どもは珍しくありません。しかし、健康のためには野菜もしっかりと食べることが重要です。

普段の食事でお子さんの好き嫌いをなくす工夫をしている親御さんもいらっしゃるかと思いますが、思うように食べてくれないことのほうが多いのではないでしょうか。

そんな時は野菜不足・栄養不足を補えるサプリメントなどを賢く利用して、お子さんの栄養バランスを整えてあげましょう。

ピックアップ記事

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。