サプリで子供の口臭ケアするときに気をつけたい3つのこと | チルコレ

[記事公開日] 2018/04/05
[最終更新日] 2018/04/12 jottasuke

サプリで子供の口臭ケアするときに気をつけたい3つのこと

お子さんの口臭が気になるという親御さんは少なくありません。どうにかしてお子さんの口臭を解消してあげたい!と思った時、サプリメントの利用を考える親御さんもいるのではないでしょうか?ここではサプリで子供の口臭をケアするときに気を付けたいことをお伝えします。

  • 目次

子供の口臭でサプリに頼る前に!

「うちの子、なんだか口が臭うみたい……」そんな悩みを抱えている親御さんは少なくありません。

子供は大人に比べて口臭が発生しやすいと言われています。

子供の場合、大人に比べて口呼吸になりやすいだけでなく、歯磨きが上手にできないなどで食べかすが長時間口の中に留まりがちだからです。

一般的に口臭は口の中の細菌が原因で引き起こされます。

口の中が乾燥すると唾液の分泌が少なくなり、細菌の活動が活発になります。

細菌の活動が活発になると、食べかすなどの分解が進み、分解する過程で嫌なニオイが発生してしまうのです。

では、子どもの口臭を解消するにはどうすれば良いのでしょうか?

最近では子供用のエチケットサプリなども市販されていますが、サプリなどを利用する前にまずは生活習慣から見直しましょう。

歯磨きをしよう

お子さんは、普段きちんと歯磨きをしていますか?
歯磨きは口臭予防の基本です。「食べたら磨く」を習慣づけましょう。

歯磨きをするときは、お子さんの口に合った大きさの歯ブラシを使うようにしてください。
あまり泡立たないタイプの歯磨き粉を付けて、じっくり丁寧に磨きましょう。

磨き残しがあると、そこで細菌が増え、嫌な臭いが発生しやすくなります。

歯垢染色剤などを使って染め出しを行うと、磨き残しをチェックしやすくなるので試してみてください。

また、お子さんが小さいうちは、親御さんが仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。
仕上げ磨き用の歯ブラシを使うと、細かいところまで磨けます。

食生活を改善しよう

お子さんは、普段いつ食事を食べていますか?
もし食事の時間が決まっていないのなら、食事の時間を決めることから始めましょう。

食事の時間が決まっておらず、食べたいときに食べたいだけ食べる生活を送っていると、常に口の中に食べかすがある状態になります。

当然細菌の活動も活発になるだけでなく、食べかすそのものが腐敗して口臭の原因になるので、食事やおやつの時間はきちんと決めるようにしましょう。

もちろん食べた後は歯磨きをすることを徹底してください。

口呼吸に注意


お子さんがテレビなどを見ながらぽかんと口を開けているところを見たことはありませんか?

口を開いている時、お子さんは無意識に口呼吸をしていることが珍しくありません。

口呼吸は文字通り口で行う呼吸です。口を開けているため口の中が乾燥しやすく、唾液の分泌が減って、細菌の活動が活発になってしまいます。

もしお子さんが口呼吸をしているときは、さりげなく声をかけてあげましょう。

口呼吸は成長と共に少なくなってくるものですが、もしなかなか口呼吸が減らないようであれば、原因を探ることも大切です。

歯並びが悪かったり、鼻づまりでスムーズに鼻呼吸ができなかったりすると、口呼吸になりやすいと言われています。

それぞれ矯正歯科や耳鼻科などで相談しましょう。

ピックアップ記事

【原因別】お子さんの口呼吸を今すぐ治す方法!

唾液の分泌を促そう

口臭予防には、唾液の分泌を促すことが効果的です。

普段から食事はよく噛んで食べるようにし、こまめに水分補給を行いましょう。
また、飴を舐めたりガムを噛んだりするのも有効です。

特に寝起きは口の中が乾燥して、唾液の分泌も少ない状態です。
歯磨きとうがいで口の中を清潔にしてから、たっぷり水分補給させてください。

病気を疑おう


ひどい口臭の背後には、病気が隠れている場合があるので放置は厳禁です。

口臭が発生する病気の代表に歯周病があります。
歯周病は放っておくと歯を失うことにもつながりかねないので、早めに治療を受けましょう。

また虫歯でも口臭が悪化することがあります。
定期的に歯科検診を受け、早期発見・早期治療に努めてください。

お口のトラブルだけでなく、鼻のトラブルでも口臭が発生する場合もあります。

鼻と口はつながっているので、蓄のう症や鼻炎などを発症すると、鼻の膿の臭いが口臭となって出てくることも珍しくありません。

他にも便秘や下痢などで腸内環境が悪くなると口臭がしてくることもあるので、お子さんの口臭が強い場合は一度病院で相談してみるようにしましょう。

口臭は、歯科または口臭外来で相談することができます。
鼻炎や蓄のう症などの場合は耳鼻科を受診し、そちらの治療を優先してください。

口臭サプリを選ぶ前にパパママが気をつけるべきこと

もし普段の生活を見直しても口臭が改善しないようであれば、口臭サプリの使用も検討しましょう。

ただし、口臭サプリを選ぶ際は、次のことに気を付けてください。

子供より過敏にならない

口臭は自分では気付きにくいものなので、お子さん本人は自覚がないかもしれません。
だからこそ、親御さんはお子さん以上に過敏にならないようにしましょう。

何かにつけて口臭のことを指摘すると、お子さんも傷つきます。

口臭は対策と工夫次第で改善することができるので、ある程度おおらかに構えて対策を講じることが大切です。

むやみに励まさない

口臭は、子どもにとっては大きな問題です。
口臭が原因でいじめられたり、嫌がらせを受けたりして心に傷を負ってしまう子供もいます。

「口臭ぐらい気にするな」とか「たいしたことない」などといったむやみな励ましは、お子さんを追い詰めてしまいかねないのでやめましょう。

大切なのは、お子さんに寄り添うことです。
口臭対策をお子さん任せにせず、親御さんも一緒に対策法を考えてあげてください。

生活の中でできる工夫を使用

まずは、生活の中でできる口臭対策を行いましょう。
普段の生活を見直すだけで口臭が改善することもあります。

それでも効果が薄い場合は、サプリメントを使うのを考えても良いでしょう。
現在は子供用の口臭対策サプリメントも市販されています。

公式サイトはこちら

サプリを選ぶ際は、複数の商品を比較して、お子さんの意見も聞きながら選んでください。

お試しセットや、返金保証がある製品であれば比較的気軽に試すことができるのではないでしょうか。

一人一人に合った対策を

口臭の原因は、お子さん一人ひとりによって違います。

口臭対策に「これをやれば間違いなく口臭がなくなる」という正解はないので、個人に合わせた方法で対策を行いましょう。

そのためには、日ごろからお子さんとコミュニケーションを密にし、デリケートな問題でも話し合える関係を築いておく必要があります。

まとめ

子供の口臭は、比較的ポピュラーな悩みです。
お子さんの口臭が気になったら、早めに対策を行いましょう。

口臭は、本人が気づきにくいだけでなく、人間関係や人とのコミュニケーションに大きな支障をきたすものでもあります。

口臭対策をお子さん任せにせず、親御さんも一緒に口臭についての理解を深め、対策を行うようにしてください。

※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。 サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。
※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。